トップページ > 今日のおすすめ > ほうれん草と自家製ベーコンのケークサレ

ほうれん草と自家製ベーコンのケークサレ

2013年12月11日のおすすめ

 

cakes.jpg

 

気がつけば週の半ばです。師走ですから、忘年会や早めのクリスマスパーティーなどでお忙しいことと思います。ボーナスも出ているようですので、ちょっと高級なレストランを予約して・・・なんて方も少なくないのかも。でもそこをちょっと曲げて(笑)、『くりや』に寄ってみませんか? 本日、『くりや』では「ほうれん草と自家製ベーコンのケークサレ」をご用意。ちょっと高級、とはいきませんが、せっかくのクリスマスシーズンですから、ちょっとおしゃれに純米酒を楽しんでいただこうという趣向です。

 

ケークサレってなあに、という方にご説明しますと、要するに「塩ケーキ」。砂糖を使わずに焼いたケーキのことです。生地にはパルメジャーノ・レッジャーノがたっぷりと練り込んでありますので、ケーキとはいえ、お酒のおつまみに最適なのです。

 

具に使われるのはパンチェッタやベーコン、野菜などなど。今回はほうれん草と自家製ベーコンを組み合わせています。茹でてしっかりとアクを抜いたほうれん草は、甘みと旨味がきちんと引き出されていてベーコンやチーズとの相性もバッチリ。薄切りにしてカリカリになるまで炒めたベーコンも、余分な脂が落ちて美味しさだけが凝縮されています。

 

ワインと合わせるのが定番のケークサレですが、ここは純米酒のお店『くりや』です。やはり日本酒と合わせていただきたいところ。おすすめしたいのは『仙禽(せんきん)クラシック・雄町』です。

 

先日の記事(http://kuriya.epice-inc.com/2013/12/post-21.php)でもご紹介したとおり、ワインの発酵学からヒントを得たというこのお酒、程よい酸が心地よく、チーズやベーコンといった食材とよく合います。一緒に食せばちょっとした至福がお口の中に広がりますよ。

 

なお、「ほうれん草と自家製ベーコンのケークサレ」は、お値段・600円でのご提供となります。

 

今宵もみなさまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

店主敬白